リカレント教育を仕事に

生涯教育とは、読んで字のごとく人生全体を教育・学びの場としてとらえる考え方です。「リカレント」という言葉自体は大学の授業でも度々出てきていたので、その意味も理解していました。

そんな中、不意に「株式会社リカレント」の文字を某就活サイトで発見し、衝撃を受けました。それまで単なる学問用語であるとばかり思っていた「リカレント」を、まさか社名として採用している会社があるなんて思いもしませんでした。

大学での学びが突然仕事とつながったことで一気に興味が湧き、そのまま説明会に参加。現在に至ります。

学生時代の学びがこのような形でつながったことは、本当に恵まれているなと感じています。ただ、何より私が魅力的と感じたのは、「年齢も立場も関係なく純粋に学ぶことを面白がる姿勢」が社名から伝わってきたこと。

最後は直感!と思い、迷わず入社を決めました。

「お客様視点」が大切

私は、スクールカウンセラーとして様々な方の相談に乗らせて頂いております。

相談に来られる方々は、何かのきっかけで「自分を変えたい」という気持ちをもっておられる方が多くいらっしゃいます。少しでもその方にとって良い選択をして頂けるように、丁寧にお話を聞きながらこちらに出来る事をお伝えしていきます。その方にとってのニーズと私の提案がピッタリあった瞬間は、強くやりがいを感じます。

お客様に信頼して頂くための勉強や瞬間的な対応など、難しさや大変さを感じる部分ももちろんありますが、少しずつ場数を増やしていくに従って、できる事・対応できる内容が増えていくのを実感するのは非常に楽しいものがあります。

また、担当させて頂いた方からの「分かりやすい説明ありがとうございました」などの言葉は、何より嬉しいです。

やってみないと、分からない

就職活動をされる中で様々な情報に触れていると、自分にとって何が大切なのかが見えなくなってしまいがちですよね。

でも、「やってみないと分からない」というのが結局は本当のところなのだと私は思います。月並みな表現ですが、案外忘れがちな感覚です。重要なことを決めるきっかけは、思いのほか些細なことが多いです。

リカレントは、「やってみよう」を受け入れてくれる会社です。どんどん挑戦して、失敗出来ます。

きっかけなんて何でも大丈夫です!ぜひ一度、説明会にお越しください。

「生涯通じて学ぶ世界を当たり前にする」これに魅力を感じていただける方なら、入社後もきっと楽しんでいただけるはずです。

■ 萱野 匡赳

総合職、スクールカウンセラー、個人営業。

2020年に新入社員としてリカレントへ入社。 総合職として日々活動中。

ENTRY

リスキルはあなたをお待ちしています

新卒

新卒採用ENTRY

  • 総合職